ダイエット前に確認する肉割れの原因

 

太ってきたから痩せたい・・・

 

これからダイエットをする人であれば肉割れに注意した方がいいです。せっかく痩せたにもかかわらず肉割れの裂けた跡が残ってしまい後悔することになっている人は多いです。

 

ダイエットをするのであれば、間違いなくしっかりと予防を行った方がいいのですね。

 

しかし、その前に肉割れの原因がきちんと把握できていなければ予防を行うこともできません。肉割れが起きる原因としては皮膚が伸縮に耐えられなかったためにちぎれてしまうのがあげられます。やせることで脂肪が少なくなりますが、皮膚も小さくなります。

 

しかし、急激に痩せることで皮膚も急激に小さくなりちぎれてしまうのです。そのため、裂け目ができてしまい、その跡として体のお尻や背中、太もも、ヒザ裏、肩などに白い線または赤い線ができてしまうのですね。

 

太ったときは痩せたときの反対のことがいえます。急激に脂肪がついてしまったために皮膚が伸びていくのですが、伸縮スピードに耐えることができなくて真皮と呼ばれる組織が裂けてしまうのですね。

 

目に見えている皮膚の奥の真皮と呼ばれる組織が裂けてしまったことにより起こるのが肉割れとなります。この原因が分かることによって、どのように対策をしながらダイエットをしていけばいいのかが分かるようになります。

 

 

原因から分かる肉割れがおきないダイエット方法

 

肉割れをおこさないためのダイエット方法としては2つの対策を同時に行うといいです。

 

少しづつ痩せる
皮膚が伸縮に耐えられるようにする

 

少しづつ体脂肪を落としていくことによって、皮膚が伸縮するスピードもゆっくりとなります。そのため、負荷が少なくてすむので皮下組織にある皮膚が裂けてしまうのを防ぐことができるのです。時間をかけたダイエットが必要となるのですね。

 

また、もう一つのポイントは真皮が裂けないようにするためにも弾力性をあげることです。

 

弾力性をあげるのであればハリのある美肌をつくりだせばいいです。ハリのある肌にするのであれば、大事なのは保湿となります。保湿をすることによって、ハリとつやのある弾力性をもった体をつくりだすことができます。

 

保湿の方法としては専用の予防クリームが販売されています。できるだけヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が含まれたクリームでケアを行う必用があるのですね。

 

選ぶポイントとしては保湿力にすぐれたクリームを使うと効果的です。

 

 

どれぐらいのペースで体重を落とすといい?

 

 

人によって、からだの皮膚の組織もことなるので明確な基準はありません。また、しっかりとクリームで予防ができているかも大事となってきます。

 

一月で5kg落とすような短期間ダイエットを考えているのであれば、クリームで予防は必ずしておいた方がいいです。1年で5kg落とすようなゆっくりしたダイエットであれば予防をしなくとも肉割れができる可能性は低いと思います。

 

一概にひとつきで何キロなら大丈夫という明確なラインはありません。

 

わたしが今からダイエットをして5kgやせようとするなら1ヶ月、2ヶ月で行うなら保湿効果に優れた肉割れ用の予防クリームを使いながら痩せていきます。半年間で5kgならドラッグストアで販売されているような安いクリームを使ってダイエットします。

 

1年間かけて5kgやせるつもりならクリームを塗らずにじっくりと体重を落としていくはずです。

 

どれぐらいのペースでダイエットするかによって、どんなクリームを使うのかや、そもそもクリームが必用ないかを考えるといいのではないでしょうか!?

 

ただ、前提はちょっとづつ脂肪を落としていくのをかかさないことです。すでに肉割れの線が体に入っているのならば、それ以上太ることによって赤い線の数も増えていくことが多いです。そのため、1年間かけてクリームを使わずにダイエットする際には太らないように気尾つけながら行っていく必用があります。